h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

タグ:『日常』の付いた記事

謹賀新年2021

明けましておめでとうございます。

昨年はHololive沼に落ちた年だった。 8月に知って以来 見る時間が増えてきて TVを見なくなった。 もうエンタメはvtuberで良いのではないかと 思ってたりしている。 大晦日も 作業をしながらではあるが ゆくホロくるホロをずっと見ていた。 18:30から年を超えて25:30過ぎまで 7時間超の番組だが タレントも多いし 十分見ていられる。 次回はもっと凄い番組になることを期待している。

今年も、このブログで何かしらのネタを提供していければ と思う。本年が皆にとって良い年であることを。



謹賀新年2020

遅くなりましたが あけましておめでとうございます。

正月は、工作類もプログラミングも行わず、 ただデス・ストランディングで配達していました。 おかげで、現在の総配達の種類数 450ぐらいです。 全部で500あるという話を聞いたのですが、 コンプリートまで気力が持つかどうか。

ところで、 ハンブルソフトのWebShopで 在庫処分を行っております。 価格もドーンと下げましたので、 御入用のものがありましたがご購入ください。 送料もクリックポストなら200円、 クレジット決済なら5%引きです。



雑誌遅延回復

スピリッツが月曜日に届いた。 昨年7月の西日本豪雨以来、 遅延していた雑誌の配送が復旧したようだ。9ヶ月ぶり。 結構かかった。



新元号発表

来月の御代替わりを前に、 本日、新しい元号「令和」が発表され、 なんとなく世の中が 祝賀ムードにつつまれている気がする。

今回は、万葉集から取られた。 海外に新元号を説明する際に、 万葉集を紹介できる。

1200年前作られた和歌集であり、 それには4500首以上、 天皇から農民まで様々な身分の人々の 作った和歌が収められていると 説明すれば、日本は昔から文明的で平和だったのかな と思ってもらえるかもしれない。



カーシェア

昨年末の火事で廃車になってしまったので、 年始の墓参り用に Time Car Plusのカーシェアを利用した。

自宅から車のある駐車場まで350mぐらい、徒歩2分。

車種は トヨタ アクアのハイブリッド。 最初、ハイブリッドとは気づかず、 キーを回してもエンジン音がしなくて焦った。

小型車で取扱も楽だし、走り出すとトルクがあって何か楽しい。 墓参り+参拝も問題なく終了。

Times Car Plusは1,500円/月かかるので、 無料の1ヶ月が終わる前に解約しようかと思っていたけれど、 解約せず、時々ドライブしても楽しいかも。



謹賀新年2019

明けましておめでとうございます。

年末年始は スプラトゥーン2のサーモンランとCivilization 4に耽って おりました。

今年も宜しくお願い致します。



隣家が火事

先週の月曜11月5日深夜 1時ごろ隣家で火事発生。 見ると既に炎は屋根まで達している。 自宅とは離れているので延焼の心配はないが、車庫が近い。 様子を見ると既に車前部から煙のようなものが出ている。 諦めて火事の推移を見守る。

火はさらに周り、隣家の玄関前にあるプロパンボンベから ガスが放出され、1メータ以上の炎が横に吹き出す。

警官があらわれ、周辺の避難状況を確認、 消防車が到着し放水を始めると、 割とすぐに炎は小さくなったが、 完全に鎮火するのには、かなり時間を要した。

火元は、コタツだそうだ。コタツ周辺のどこかに、ほこりとかが 溜まって発火したらしい。被害は家2件+車1台で死傷者は無し。 私の車は全損となり、廃車業者に引き取ってもらった。 レッカー代無料で5千円ぐらいは貰えるらしい。

大地震とか火事とか、いろいろ見れるなと思ったのでした。



雑誌遅延その後

雑誌取り置きサービスの遅延は、まだ続いているのだが、 遅れは1日ぐらいになった。 だいぶ復旧したということなのだろうか? 状況がよくわからない。

雑誌の発売日にオムニ7から、 配達のお知らせと遅延のお知らせの2通のメールが 来て面倒なのに、コンビニに届いた時点でのメールの 来ないことに、システムの未熟さを感じる。

配達情報の詳細を見ると、届いているかどうかはわかる。



熱中症

このところの猛暑日続きで、熱中症がニュースを賑わせている。 ネット等で体験記などを読むと、疲れた程度の自覚症状から急に体が動かなくなるらしいのが怖い。特に小学1年生が亡くなった件など、 学校関係者には恐怖以外の何物でもないだろうと想像する。

こうなると小学校では一定の温度(30度とか35度とか)超えたら、屋外活動全面禁止、とかになってしまうのではないか... とも思うが、この時期、体育ならプールで泳いでいれば良いんじゃかとも思う。

屋外作業者の熱中症死亡事故も連日報道されるし、体温を常時監視し、熱中症を検出できるようなウェアラブル機器が開発できれば、装着が義務化されたりするんじゃなかろうか、 とか考えるのであった。

それは、さておき、 イラスト屋は便利だな。 世の中イラスト屋だらけになるわけだ。


雑誌取り置きサービスが遅延

2月ごろから セブンイレブンの雑誌取置サービスを利用しているのだが、 このところ、配送がずっと遅れている。 4,5日遅れている感じ。

原因は7月上旬の豪雨の影響なので、 被災者のことを考えると、 あまり文句も言えないのだが、 店頭売の雑誌は遅れていないんじゃない?(未確認)と 思うと不満。

豪雨後2週間経った。 中国自動車道は比較的早く復旧したし、 山陽自動車道も復旧していることを考えると、 JR貨物で輸送しているということなのだろうか。

他の通販だと、1日程度余分に時間が掛かっているかも 程度の遅れ。4,5日の遅れは大きい。

オムニ7のトップページには 今日も「大雨の影響による商品のお届けについて」という お知らせがあり「西日本を中心に商品のお届けに遅れが発生しえいる」とある。



ロシア・ワールドカップ セネガルに引き分け

忘備録

ロシア・ワールドカップ開催中。 昨晩、予選リーグ 第2戦 でセネガルに引き分け。 第1戦でコロンビアに勝っていて、現在 勝ち点4. 決勝トーナメントへの進出の期待が高まる。 次は28日(木)のポーランド戦。視聴率高そう。

ワールドカップ、直前での監督交代。 練習試合の成績不良などで期待はしていなかったが、 わからないものですね。

セネガル戦では、相手との体格差、身体能力の差に圧倒される。 それと引き分けにしてしまうとは、日本も強くなったものだと思う。

画像は いらすと屋のもの。


旋盤とフライス盤を寄付した

このところ、すっかり金属加工熱も冷め、旋盤やフライス盤は何年も使っていないので、貰ってくれるところがあるうちに寄付することにした。

調べると旋盤が届いたのは 2003年9月2日。 フライス盤は 2003年10月4日。 14年前か。十分だ。

修理:2年前の熊本地震で両方共転倒、フライス盤は、そのまま動いたが、旋盤は電源ケーブルが引きちぎれ、 刃物台早送りのホイールも折れてしまっている。 使えないものを寄付もできないので、 電源ケーブルは新品を購入し交換。 早送りホイールも交換で済むかと思ったら、 キーではなくスプリングピンで軸と固定されていた。 キー溝なら加工済みのものが売っているが、 スプリングピンの穴の開いたものなど売っていないし、 観察すると、穴の位置は軸の中心から若干ずれている。

ホイールを買ってきて自分で軸ごと穴を開けるのは、 かなり大変だ。 そこで購入先の 寿貿易に問い合わせフォームから質問、 お電話を頂いて相談した結果、破損したホイールの残骸を おくり、その穴位置になるべく合わせて新品のホイールに 穴を開けたものを販売していただけることになった。 完全に位置を一致させるのは無理と伺っていたが、 とどいたホイールを軸に差し込むと、なかなかの精度。 3mmのドリルは通らないが、2.6mmぐらいのドリルなら 十分通る。3mm✕150mmの長ドリルを買ってきて、 比較的簡単に3mmで穴を開け直し、スプリングピンを通す ことができた。

搬送手段:これで旋盤の修理ができたので、寄付先に受け入れの意思を 確認したところ、欲しいとのことだったので、搬送手段を手配する。

旋盤とフライス盤の重量は、それぞれ 100kgと70kgぐらい。 これが木造住宅の2階に設置しているので、家の外に出すのも たいへん。 どうやって運び込んだのか不思議なくらいだ。

このページに あるような単管パイプとチェーンブロックを使った方法を 検討していたが、単管パイプも手持ちでは足りないし、 チェーンブロックその他も買わなくてはならない。

また、自分の車で運べるか不安。トラックとか借りる必要が あるのではないか、とか考えるうち、プロに頼んだほうが 良さそうに思えてきた。で、 コピー機・金庫などの重量物の輸送|ヤマトホームコンビニエンスのページ を発見。見積もりを依頼すると、5万円弱との返事。これは安いという ことで依頼した。

プロは、この重量物をどうやって運ぶのだろう。やはり人力? それともチェーンブロック的なものを使うのかと興味があったのだが、結局人力だった。 丈夫な布にベルトを固定ものに機器を置き、 ベルトを首にかけてふたりがかりで運んでいった。 それでも相当重かったようで、大変そうだった。 階段を下ろす時は、下側の人が倒れたら即、死亡事故と 考えていて怖かった。でもまぁ、当然ですが事故無く 搬送して頂いた。

片付いたあと:

わたしの部屋を占拠していた大きくて重いものが 無くなったので、このスペースをどう活用するか 検討する。ボール盤でも買おうかとも思ったが、 今後穴を開ける予定は、アルミアングルぐらいしかない。 それなら、ハンドドリルでも開けれるし、電気ドリルもある。 ということで、フライス盤を置いていた作業台はバラそうかな。