h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

タグ:『電子工作』の付いた記事

いろいろ購入

ブログのネタが落ちてこないかと待っているうちに 1週間経ってしまった。 なんか中国方面で停滞している模様。 仕方がないので秋月から届いた部品を紹介する。

その1。 金メッキされたテスター棒。 持っているテスターは MASTECH MAS830L。 秋月電子で1000円のやつ。 導通チェックで使用することが多い。 随分前に購入したものなので、 テスター棒の先端をゴリゴリして 酸化膜(?)を剥がしてやらないと 導通してくれない。 そんな作業も面倒なので購入した次第。 購入したのは初めではないが、 使用した記憶があまりない。 なんでだろう?

HDDサンダー試作1号

注文した50mm径のサンドペーパーが届いたので、 HDDのモータを使ったサンダー製作を進める。

先日、実験に使ったHDDのモータはフレームと一体型で 小型のサンダーを作るのには使えないので、 廃棄HDDをもう1台分解。分離型のHDDモータを入手できた。 マジックテープと接着剤はダイソーで購入。


HDDのモータを回す

前に買ったブラシレス・モータ・ドライバ基板で HDDのモータを回した。

基板を買ったのは この記事を書いた時なので9ヶ月前。 当時アマゾンから759円購入。今はアマゾンだと2,256円で お届けが1ヶ月後(中国発送?)。 AliExpressだと今でも 300円ぐらいで買える。 当時はバラす適当なHDDが無いと思い込み動かしていなかったのだが 最近、未廃棄の古いHDDを大量に発見。

自作Flipping Station

SMDマウンタ(Pick & Place)に興味があり、 調べているうち半自動SMDマウンタを知る。 試作や少量の製造では半自動の方が便利らしい。 そこで使われている Flipping Stationの 動作が面白いので作ってみることにした。 SMDをひっくり返す機械だ。

実際に使おうとして作っているわけではない。 動作が面白いから作って見るだけ。 メカものの製作の練習。


日々のデータとgrafana

から室温の計測に興味があって、 なんやかんやと計測してきた。 現在は15個の温度(室内13,屋外2)を計測し、 grafanaでグラフ化している。 grafanaは汎用のグラフ化ツール。 汎用ってどうよ、と思っていたが すぐにグラフ化できるのは便利だ。


FT232Hボード動かす

FT232HボードでI2C接続を試す。 ドライバー、ライブラリー等を Adafruitのページの説明に従い インストール。 SSD1336使用のOLEDに表示できる。 1000回繰り返してもエラーは出ない。 安定している。


FT232Hボードなど届く

土曜日に注文したFT232Hボードなどが届いた。 購入したのは以下のもの。


USB-I2C基板 (ソフトウェア編)

USB-I2C基板はpythonから使いたい。 pythonでI2C経由で機器を操作する プログラムを作りたい。 MCP2221 Pythonで検索すると いろいろ情報が見つかる。


USB-I2C基板 (組立編)

4月22日(水)に注文した基板は 4月30日(木)に到着した。 8日で届いたことになる。 配送記録によると土曜日には中国から発送されたので、 通関および国内配送に時間がかかっている模様。 中国サイドでの処理は、むしろ通常より速いかもしれない。

部品は少ないし、ICはSOP(1.27mmピッチ)なので 簡単に 組立後、USBケーブルを接続するが反応が無い。 Windows機に接続しているので、 ピロリロリンの音を期待するが鳴らない。 デバイス・マネージャーを開き、 USBケーブルを抜き差しするが変化がない。

ひさびさに基板注文

ひさしぶりに基板をElecrowに注文した。 春節後、つまり新型コロナ蔓延後、初めてだ。

作ったのは USB - I2Cのアダプタ。 Microchip社のMCP2221AにUSBコネクタとI2Cのコネクタを 付けただけ。 USB-I2Cアダプタは市販のものも2千円未満であるし、 MCP2221Aの評価ボードも2千円台で売っている。 なのに自分で作りたいのは、直接 GROVEのケーブルが生えている アダプタが欲しいからだろうか、それとも基板を作りたいだけだろうか。

MCP2221AはDIP品も売っているので、 ユニバーサル基板で試作することも可能。 しかし、そんな気は全く起きない。 やはり基板を作りたいだけかもしれない。

さて、基板はどれくらいで届くだろうか。 Elecrowの自分の最短記録は5日。 2週間ぐらいで届くか?

LED版RssDispも更新

昨日更新した OLED版のRSS表示プログラムの調子は良いが、 LED版の方は調子が悪い。 調子が悪くて、しばらく消していたのだが、 RSS表示はともかく、時計が見易く慣れてしまっていたので LED表示も復活させたい。 というわけでLED版も更新することにした。 ソースを調べるとLED版はOLED版のソースを流用したものだったので、 変更箇所が同じで、簡単に更新できた。

RssDispを更新

OLEDの寿命で取り上げた RSSを表示するプログラム: RssDispの表示が 調子悪くなってしまった。 原因の1つは、httpでRSSを提供するサイトが減ってしまったことで、 もう一つは Make:の RSSの反応が遅くなってしまったことらしい。 リクエストを出して10秒ぐらい返事が帰ってこない。

OLEDに表示されたRSSを真剣に読んでいるわけではないが、 正常に表示されないと気持ち悪いので プログラムを修正することにした。

OLEDの寿命

ディスプレイの下で HSES-NODE-OLEDで 常時 RSSを表示させている。 読んでいるわけではないが、 何かしら情報が表示されていると 嬉しい気がするので動かしている。

表示は128x64dotの単色(白)なのだが、 最近、一部のdotの明度が明らかに下がっている。 よく調べると、表示が動いていない、 常時点灯の部分が暗くなっている。

スポンジを使わないハンダ付け

ハンダゴテを置くコテ台には、 スポンジが付属するものが多い。 水に湿して、コテ先を拭き 余分なハンダの除去などに使用する。

私も電子工作を始めて以来、ずっとスポンジを使用していたのだが、 何年か前に止めた。 きっかけは、 スポンジでコテ先を拭く際、引っ掛かりを 感じるようになったこと。 温調式ハンダごてを使うようになり コテ先の温度が低くなり、 残ったハンダが凝固してしまうせいだろう。

温度センサーDS18B20ホルダー

既に書いたことだが、 寒くなって3Dプリンタの調子が悪い。 ABSだと反ってプリントできないのでPLAで印刷している。 しかしABSも使いたいので対策を検討する。 保温とかヒーター設置とか考えられるが、 まずは温度を測定したい。 3Dプリンタ内部、上部、外部等の温度を計測し、 データをWiFiで飛ばしてグラフ化したい。


チタン・ピンセット購入

居酒屋ガレージ日記の くっついたらイヤっ! 着磁した安物ピンセットを読んで、 自分のピンセットの磁化のことを思い出す。 主に使っているのは エンジニアの 鉄腕ピンセットことPT-17。 ステンレス製で非磁性に優れているそうだが、 チタン製なら完全非磁性なのだそうだ。

チップ部品ハンダ付けの際、 ピンセットにくっつくと 効率が悪いし、すごくイライラする。 くっつく原因は2つで、磁化とフラックス。 消磁器にかけ、フラックス洗浄剤で洗うと 付かないなるが、わりとすぐに再び付き始める。

ジャンパ・ワイヤ・ホルダ

ジャンパ・ワイヤは基板等の実験時の結線に便利なので よく使う。 Thingiverseに Dupont Cable Organizer Customizable というジャンパ・ワイヤを整理・保管する 容器のデータがあり、 面白そうなのでプリントアウトしていた。 ジャンパ・ワイヤを使う際、色を選ぶことが多いので 整理してあると便利そうだ。

そのままでは 手持ちのジャンパワイヤにサイズが合わなかったので、 サイズを調整し色々プリントしていたのだが、 そのものを置く適当な場所がなく、 納まりが悪いので 使わずじまいになっていた。

実体顕微鏡用LEDライトホルダー

ハンダ付け用に実体顕微鏡を持っている。 HOZANのL-50。 買ったのは2002年頃だから17年ぐらい前。 安くは無かった(数万?)が、 ハンダ付けのたびに使っているので 元はとっくに取れた。

普通に使うと、視野が暗いので、 照明が欲しい。 昔作ったことがあるのだが、 今は LEDクリップライトを 適当に配置して照らしている。 毎度毎度セットするのも 面倒なので、3Dプリンタで 専用照明を作る。

自動釣り機用マウスのケースを製作

自動釣り機用マウス、右ボタン押しっ放しマウスが 問題なく使えることがわかったので、3Dプリンタで ケースを製作する。

基板各所の寸法を計測し、 鍋CADで図面に落とす。 鍋CAD上で基板を覆うような形で、 ケースの形状、寸法を決め、 DXFファイルでFusion360に移す。 Fusion360で形状の追加、調整を行いデータ完成。

1回目のプリント中、フィラメントを使い切る。 他にも間違いがわかったので、赤いABSのフィラメントに 切り替えて印刷。 フタのサポートが付いた側の面が 汚いので、フタだけサポートが内側になるよう 印刷し直し、M2のナットをハンダごてで埋め込んで完成。

マインクラフト自動釣り機用マウス製作

要は右ボタンを押しっぱなしに出来るUSB マウスを 作成した。 Arduino Leonard互換モジュール ProMicro(なんと560円)を 使用したので、とても簡単にできた。

詳しくは Qiitaの記事を書いたのでそちらを見てください。

モジュールをピンヘッダー/ピンソケット経由で ユニバーサル基板に固定したので、 基板の背が高くなってしまった。 丸ピンIC連結ソケット使えば良かったと反省。

HDDのモータでディスク・グラインダー製作

AdaruitのBlog HDDのモータで ディスク・グラインダーを作るという 記事というか動画がある。 同様の試みがニコ動に昔あったが、 そちらではHDDの基板に通電してモータを 回していた。

今回の奴では市販品のモータドライバを使用し、 回転数の調整も可能だ。 HDDのモータドライバなんて売っているのか、と 衝撃をうけ、 Thingiverseのページ にあるリンクを辿ると、 AliExpress で$2.2ぐらいから売っている。 すぐに使う予定は無いが、とりあえず注文した。

念の為、調べたら、すでに アマゾンでも売っていた。 759円ぐらいから。

XHコネクタ抜き

JSTのXHコネクタは2.5mmピッチで よく使われるコネクタだが、好きではない。 理由は嵌合が固くて外しづらいから。 昔、製品に使って、テストのために抜き差しするだけで 苦労した記憶がある。

今回、業務でテストのためXHコネクタを頻繁に 抜き差しする必要が発生。4ピンなので、 あまり固くはないが、それでも、ついつい ケーブル部を掴んで外しがちで、ケーブルが 抜けそうだ。

ステッピング・モータいじり

このところステッピング・モータをいじっている。 ドライバー作ったり、動かしてみたり。 3Dプリンタでメカ物を作ったときの 動力源として使用したい。

ステッピング・モータ自体は、 秋月で売っている コパルのギア付きモータが 良さそうなのだが、ドライバが悩ましい。 以前作った Grbl基板もあるのだが、 動作を試すのにGcodeを書くというのも荷が重い。

新たに作ろうかと調べ始めると、 A4988を使った中華製ドライバーモジュールが 非常に安価に入手できることを知る。 アマゾンでも 5個で930円。 8~35Vで1相あたり最大2Aまで流せる。 3Dプリンタとかでも使われているようだ。 AliExpressだと 1個 $0.65。 オリジナルは PololuのA4988 Stepping Motor Driver Carrierのようだ。 スイッチサイエンスで 1,393円。 こんなものが安価に入手できるなんて良い時代だ。

NYA-01のケース

ふと思い立って 簡易型電流プローブNYA-01購入。 006P積層電池との一体型でカッコいいが 保管に難がある。 あと、電源スイッチのOn/Offが分かりづらい。

ということで、3Dプリンタでケースを製作した。


オシロのキャリングケース

RIGOLの1000Zシリーズの商品ページを眺めていて、 アクセサリーにキャリングケースがあることを発見。 BAG-DS1000、 13,000円。 プローブ等付属品および本体の保管に悩んでいた 私には丁度いい。

AliExpressで調べると $75 + 送料$11.77。 若干、型番が違うような気もするが、気にせず注文。

届いたので、プローブ、その他の付属品を入れてみると、 ちゃんと収まった。 よかった、よかった。

RIGOL MSO1074Z購入

AliExpress で RIGOL MOSO1074Zを購入、 本日、届いた。

ものは、 帯域70MHz, 4ch + 16chのロジアナ。 送料込みで AliExpressの一番安いところに 注文したので、若干不安だったが、 ちゃんと届きたし、動作もした。 送料無料の $699。今日のレートだと 76,300円ぐらい。

衝動買い! ADALM2000

twitterを見ていて、秋月電子から ADALM2000を購入。 何ができるのか、まだ理解していない。 GWにでも、試してみよう。

ザイコストア

アルプスのタクトスイッチが欲しくて 電即納にアクセスし ザイコストアに移管したことを知る。

ザイコストアという部品屋は、 今回初めて知ったが、 なんか digikey/Mouser風の画面。

部品の入手先が増えるのは良いことだ。 頑張ってほしい。

で、タクトスイッチは RS に注文。 RSは、以前よりは使いやすくなったし、 送料が無料なのが良い。 最近、よく使っている。

Raspberry Pi用OLED ライブラリを作った

最終的に作ったライブラリは こちら

ラズパイ・ファン基板で OLEDを取り付け易くしたのだけれど、 i2c接続なので表示速度はどうなのだろうというのが気になっていた。

というのは、i2cは転送速度が速くない。 ラズパイのデフォルトでは100kbps。 OLEDは 128x64 dot なので、128x64 = 8kbit。 これを100kbpsで転送すると、転送時間は 8kbit ÷ 100kbps = 0.08sec 連続表示させると 毎秒 1 ÷ 0.08 = 12.5 フレーム表示できることになる。 スムーズな動画表示には少し遅い。転送以外の処理の時間も必要。

実際のところはどうなのだろうと測ってみることにした。

M5STiCK購入するも...

twitterでM5STickの存在を知り、 AliExpressに注文していたところ 昨日届いた。

いつ触れるかなとか思っていると、 TELECマークが無いという噂を聞く。 ケースをあけ、確認すると 確かに ESP-WROOM-32にTELECマークが無い。

TELECマークが無いESP-WROOM-32が存在するとは 知らなかった。ガビーン。

ESP32 revision 1で書き込みエラー

久しぶりに作ったESP32のボードに arduinoでプログラムを書き込もうとしたら 失敗。 esptoolでエラーになっている。

前に書き込めたボードで試すと書き込める。 設定のミスではなさそう。 ボードの設計ミスか!?と焦るが、 ログをよく見ると、flashのサイズの取得で 失敗しているし、ESP32がリビジョン1。 書き込めたボードはリビジョン0。

arduino-esp32のバージョンを確認すると 結構変わっている。 esptoolのバージョンも 2.1から2.5に。

arduino-esp32のバージョンを上げたら 無事に書き込めた。
めでたしめでたし。

ラズベリーパイ ファン基板発売

予想通り資料作成に手間取り遅くなったが、 やっと ラスベリーパイ・ファン基板をやっと発売することができた。

昔、Raspberry Pi2で某装置の実験中、 動作させたまま放置したら、 異常な高熱になりシステム・ダウン。 再起動で復活したものの、熱ストレスで ネットワーク周りのはんだ付けが外れでもしたようで、 ネットワーク接続が不安定になり、結局 Raspberry Pi2は廃棄した。

このことがトラウマとなり、Raspberry Piには ファン必須と思っているのだがどうだろう。 最近のやつだと、高温になるとCPUクロックを下げる らしいけど、それで済むのかな?

わたしが壊した時は、ネットワークも動かしぱなしの プログラムで、ネット周りの発熱も凄かったのだけど 対応できるのかな?

それもこれも、このファン基板でファンを付けてしまえば 問題なし。 ファンのOn/Off回路もつけれる。 これをつけるとシャットダウン後 ファンが止まるのが気持ちいい。

あとRTCやOLEDも付く。 資料だけでも見てやってください。

aitendoのDCジャック

aitendoで売っている DCジャック。 説明には基板用とあり、 データシートにもPCB layoutが記述されている。

しかし、これはスゴク古いタイプのDCジャックの形状で、 パネル取り付け用のように思えるのだが違うのだろうか。

昔のDCジャックは、この形状で穴加工に苦労した記憶がある。 秋月で売っているような 2.1mm標準DCジャック パネル取付用が 出でて苦労する必要はなくなった。

それに基板用というには、端子の形状がおかしいし、 2.4mm径の穴の用途が説明できない。

中国のメーカーが形で基板用と勘違いし、 製造販売しているのだろうか。

でもまぁ、基板で使えないわけではないし、 ちょうど基板に垂直に刺せるDCジャックが 欲しかったので購入。

RasPi FAN基板

Elecrowでプリント基板を作成。 先週の月曜日注文して、昨日の火曜日届いた。 1週間+1日掛かったことになる。

配送はOCSだが、台風で関空が冠水したせい影響から まだ復旧していないようだ。 前回は沖縄で通関→関空で国内配送業者だったが、 今回は東京で通関+国内配送業者への引き渡しだったようだ。 1,2日程度余計に時間が掛かっている感じ。

作った基板は Raspberry-Piに25mm角のファンを取り付ける ためのボード。 今は FAN付きの安価なアクリルケースもあるが、 ケースがジャマになる場合もある。

空いているスペースに、 便利かもしれない回路をいろいろ載せてみた。

VS Codeでstm32のプログラミング

windows上のemacsでIMEを上手くコントロールできないため、 VisualStudio Code(以下VS Codeと記す)の環境整備を頑張った所、 かなり使えるようになってきた。 これで移行できるかもしれない。

AliExpressから普通の部品を購入

AliExpressから普通の部品を購入してしまう。 ものは 14pin(7x2)のL型ピンソケット このモジュールを使うときに欲しくなる。 国内のショップでも探したが見つからない。 分割ピンソケットのL型のやつとか出してくれないかな。

20個で$6.66、今のレートで738円として 1個37円ぐらい。 めちゃくちゃ安くはないが、送料無料がありがたい。 2週間で届いた。

他にも DC Jack USB miniB コネクタを買ったことがある。

電光掲示板プログラムを公開

HSES-LMC1の秋月電子での発売に合わせて、 電光掲示板プログラムを GitHubで公開した。

これは、HSES-LMC1を一般(?)の電光掲示板として動作 させるためのプログラム。

表示内容をSDカードに記憶し、読み出しながら表示する。 Web経由で表示内容の編集ができる。 (使用可能なブラウザは chrome のみ)

HSES-LMC1 秋月電子で販売開始

WiFi LEDコントローラ HSES-LMC1の販売が 秋月電子で開始された。 で、それは良いのだが、秋月電子では 32x16 RGB LEDマトリックス モジュールの販売が終了している。64x32のモジュールも扱う予定 らしいが、何か手間取っているようだ。

64x32のLEDモジュールは、最近、アマゾンで3,500円ぐらいで 売っている人がいる。 Lパラで買えば, P4が8,320円 P3が9,200円。 AliExpressに行けば$20未満で買えるのだが、 HSES-LMC1で動作保証しているのは、 弊社のものだけ。 アマゾンで 6,480円

Nintendo Switch Proコントローラ修理 2

購入してあった 交換用部品でSwitch Proコントローラを修理してみた。

動画 任天堂Switch プロコントローラーのスティック修理方法 - YouTube を見つつ作業をするが、 動画では 低融点ハンダ を使ってスティックの交換を行っている。

低融点半田の在庫、 サンハヤト表面実装部品取外しキットの在庫が無いし、 有っても高価なので、 はんだシュッ太郎で試してみる。

中国製USBシリアルICに手を出す

中国製 USBシリアルICに手を出した。 理由は、もちろん価格。 FTDI製だと1個 2~400円ぐらいするが、 中国製 CH340とかだと1桁安い。

CH340を実際に使ってみると意外なことがいろいろあったので報告する。

Elecrow 速い!

Elecrow速し。 先週の月曜に注文した基板が土曜日に届いた。 5日で届いたことになる。

P-banでも5営業日だから、それよりも速い。 発送に安くて速い OCS が使えることが大きいと思う。 FusionPCBとかでOCSが使えるようにならないのが不思議だ。

Raspberry Piで動画をLEDに音付きで再生

hzeller/rpi-rgb-led-matrix付属の 動画再生プログラム video-viewerを改造し、 動画ファイルを音つきで再生できるようになった。 前にも書いたが フレームの遅れが蓄積されない ように改造した。 変更点は、pull-requestを投げたいが、 まだ、ちょっと汚いのが悩みどころ。

音の再生は別プログラム(aplay)で 行っている。これも将来的には組込みたい。

ESP32開発ボードでEthernet実験

ESP32のEthernet (有線internet接続)には、 当初から期待していて、 AliExpressに売っている LAN8720 PHYモジュールを買ってみて試したが 上手く行かなかった。

原因は、ESP32のEthenetモジュールを使用するのに、 50MHzのPHYのクロックを GPIO0に入力する必要があること。 ご存知の通り GPIO0は、起動時にHighにしたり、 Lowにしたりすることで 通常起動モードと ファームウェア書換モードの切り替えに 使用する。 つまり起動時に50MHzのクロックを 止める機能が必要になる。 実際、Olimexの ESP32-GATEWAYボード の回路では、そのようになっている。

その時はLAN8720 PHYモジュールの使用を諦め、 ESP-GATEWAYボードで実験を行い、 lwIPが動くことなど確認していた。

今回、ESP32でEthernetを使えるボードを 自分で作ろうと思い、調べ直すと ESP32 arduinoに ETH_LAN8720_internal_clockとか言う サンプルプログラムがある。 GPIO17からPHY用の50MHzを出力できるらしい。 これならLAN8720 PHYモジュールを改造して実験できるかも しれないと試したら出来たので報告する。

Raspberry Pi Zero WH 動作テスト

miniHDMI変換アダプタとUSB-microB OTGケーブル が届いたので、 Raspberry Pi Zero WHを動作させてみる。

Zeroは基板は極小だが、ケーブルを刺すと そうでもなくなる。 ケーブルを ケーブル・オーガナイザで固定してやると良い感じである。

Raspbianをダウンロード、 microSDカードに書込み 立ち上げたら、特に問題もなく起動。 キーボード、WiFiの設定を行い、 普通に使えるようになった。

その後、 hzeller/rpi-rgb-led-matrixをインストールし、 LEDマトリックスモジュールへの表示を試す。

表示はできるが、負荷が重い感じ。 動画の再生を行うと、はっきりと遅い。 やはり コア4個のRasberry Pi 3と比べると、 コア1個のZeroだと、余裕が無い感じだ。 表示も、多少、ちらつきが感じられる。

Raspberry Pi Zero WH届く

秋月電子に注文した Raspberry Pi Zero WH(ケース付き)が届いた。 始めて実物を目にし、小ささに驚く。 このサイズでLinuxが動き、この価格なのだから 面倒くさいとか言ってられないのかもしれない。

Raspberry Pi + LEDモジュール用基板 動作確認

hzeller/rpi-rgb-led-matrix を動かすための、 Raspberry Pi 用 LEDモジュール基板を組み立て、動作を確認した。 問題は特に発生せず、スムーズにLEDに表示できるようになった。

感想としては、よく出来ている。 Raspberry Pi 3 model Bで試した。 表示させているとCPU使用率80%とかになるのだが、 あまり重い感じはしない。表示もきれいだ。

各種フォーマット、各種サイズの動画を、そのまま 表示できるのも便利。 Raspberry-Piに慣れている人には お勧めだ。

以下、もうちょっと細かい所感などを書く。

ESP32CompositeVideoを試す

HackadayのSoftware Defined Television on an ESP32という記事を読んだ。 ESP32のI2S+DA出力でvideo信号を出力するプログラムだ。 回路は簡単。GPIO25とGNDをピデオ入力のピンジャックに つなぐだけ。プログラムはArduinoのsketchで、 gitHubからダウンロード できる。

プログラムを書き込むと本当に表示された。 びっくりだ。 思ってたのより凝ったデモなのに関心する。

ESP32_bt_speaker 更新

ESP32をBluetoothスピーカーにするプログラム ESP32_bt_speakerを更新した。

作成後、esp-idfが、かなり更新されたので、 いろいろと問題があるだろうなとは思っていたのだが、 手を付けずにいたのだが、 githubにissueついたので、 対応することにした。

ケーブル・オーガナイザー購入

アマゾンのタイムセールのお勧めか何かのメールで、 ケーブル・オーガナイザーを見かけ、購入した。

これは、 昔、欲しいと思ったケーブル・ドロップの同等品。 遠からず、ダイソーで発売されるだろうと思っていたが、 結局、ダイソーで見たことはない。 ケーブルドロップは、1本固定できて約$10。 ケーブル・オーガナイザーは5本固定できて666円なので 安いといえば安い。


Raspberry Pi + LEDモジュール用基板

中国のPCBメーカーが春節の休みに入る中、基板が作りたくなったので、まだ間に合いそうなfusionPCBに注文したら間に合った。昨日届いた。作ったのは、Raspberry-PiをLEDモジュールに接続するボード。

以前 Adafruit RGB Matrix HAT + RTC for Rasberry Piを試したことがある。 その時は、 RasPi側の負荷が重すぎて実用にならない結論だった。 先日 Raspberry PiとRGBマトリクスで電光掲示板作ってアニメ流したったという記事を読み、 元プロジェクトのサイト Controlling up to three chains of 32x32 or 16x32 RGB LED displays using Raspberry Pi GPIO を読むと結構良さそうに思える。 実際に試すために基板を作成した。

元プロジェクトの方でも、 アダプター基板を提供 しているが、私から見ると結構 不満な点がある。

そこで、LEDの電源用端子、RasPi用FAN、外部に接続される信号に 抵抗を追加するなどした基板を設計、発注した。 果たして、春節が終わるまでに、実験は行なわれるだろうか。

ESP32 + OV7670 がうまく動かない

以前 Jpegカメラをesp8266につないて動かしてみたりしたのだが、 Jpegカメラが AliExpressでも $15程と案外高く、魅力的な商品に なりそうもないのでボツとなった。

ふと思いついてVGAカメラ OV7670モジュールの価格を調べてみると安い。 AliExpressで$2.5。 8bitパラレル出力だが ESP32のI2Sにはcameraモードというのが あるので繋がりそうな気がする。