h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

小倉第40普通科連隊の本

トッカグンの動画 20年無敗の部隊vs自衛隊 が全力で戦った結果!その戦術がスゴ過ぎる!が面白かったので、 そのネタ本を買って読んだら、これがまた面白かったので紹介する。 ミニタリー好き、自衛隊好きには堪らない本である。

まず動画の内容を説明する。 陸上自衛隊にFTC(Fuji Trainning Center)という センサー等を駆使し、中隊規模同士の戦闘を 訓練できる施設がある。そこに各地の陸上自衛隊の部隊を呼び 訓練しているのだが、敵役の部隊はFTCの部隊で当然強い。 20年間無敗なのだが、そこに肉薄した第4師団小倉40連隊の 戦いが凄かったという話。FTCについては以前の動画でも 紹介されている。

FTC自体については、次の動画がわかりやすい。

ネタ本は二見龍氏の40連隊シリーズと呼ばれるもの。 二見氏は元連隊長。

  1. 自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編: 敵に察知されない、実戦に限りなく特化した見えない戦士の育成
  2. 自衛隊最強の部隊へ-CQB・ガンハンドリング編: 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター
  3. 自衛隊最強の部隊へ-戦法開発・模擬戦闘編: 敵の戦闘重心を打ち砕く”勝つため”の戦い方
  4. 自衛隊最強の部隊へ-FTC対抗部隊編: 無敗の最強部隊を殲滅せよ!

この中の4冊目、FTC対抗部隊編が動画の概要欄に 参考にさせていただいた本として載っていた(と思うのだが 今探しても見つからない?) 1は外部インストラクターのS氏に潜入技術を連隊全体が 習う話、2は外部インストラクターの ナガタ・イチロー氏に ガンハンドリングとCQB(近接戦)の技術を習う話、 3は第8師団司令部第3部(作戦/運用/教育訓練担当)時代から 師団内競技会を通じ戦術開発および戦術を実施できる 要員を育成するための訓練の必要性を実感し、 第4師団20第連隊長就任後、それを実施して過程、 師団検閲の対抗部隊として戦術を実施した様子、 4は部下の中隊長をFTCに送り出し、戦闘の様子を FTCコントロールセンターで見守る話が書かれている。

読んだ感想・知ったこととして以下のものを上げる。

  • FTCで瞬殺されるような弱い部隊と、そうでない強い部隊がいるらしい。できれば皆、強い部隊であって欲しい。
  • FTCでの戦闘訓練を命令手順の確認の場ととらえ、 惨敗を気にしない部隊長もいるらしい。
  • 年配の幹部(小隊長)は新戦術開発に不熱心、若い幹部は熱心 という傾向があるらしい。自衛隊以外であるかもしれない。
  • ガンハンドリングもスカウトも外部の民間のインストラクター から習うというのが凄いというか、そういうものかというか
  • 偵察を配置につけるには時間がかかる

今年ついにFTCを負かせた部隊が現れたそうだ。 ドローンの活用が鍵だったようで、 今後はドローン対策技術の開発が待たれる。