h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

パーツケース

3Dプリンタで作ったパーツケースを紹介する。 これはHOZANの卓上パーツ・キャビネット B-103の 引き出しに入れるタイプのパーツケース。 ネジの整理を目的に作成した。 以前から使っていたのだが、 今回,積み重ね可能になるよう改造し、 さらに積み重ね時にも見えるよう正面にもラベル入れを追加した。 ラベルには28mm✕22mmに切った紙を二つ折りにして使用する。


工作には様々な種類のネジを使用するし、 ネジは好きなので沢山の種類のネジを所有している。 整理は7cm✕5cmの書込み可能タイプのチャック付き袋を 使用しているが、ネジを頻繁に使うようになると ネジを取り出すのに袋を開ける必要があり 面倒くさい。

そこでパーツ・キャビネットの引き出しに収まる 小さなケースを3Dプリンタで作ってみたら 便利だったので少しづつ作り足していた。

ちなみにネジの種類だが、 3Dプリンタでプリントするときに使用するのは M3かM2ぐらいだが、 長さが5mm~30mmぐらいで数種類あり さらにヘッドの形状が 小なべ、皿、 六角穴付きなどがある。 最近 AliExpressで手頃なセットを見つけ、 六角穴付き皿にも手を出してしまった。

データは Thingivrseで公開している。