h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

せこいのでAliExpressから買う

3Dプリンタ用の防湿フィラメント・ボックスを 作成しようと情報やら材料やら集め始めた。 moyashi氏の ダイソー「密封容器5.5L」で作るフィラメント送出機能付きドライボックス を参考にしている。

記事に出てくる中華モバイルドライが アマゾンだと2,959円。 中国製なのでAliExpressで買えば安かろうと、 mobiledry とか検索しても見つからない。 いろいろ試しても見つからないので、ほぼ諦めたあと、 filament dryer で検索したら トップに出てきた。 USプラグが選択できて 1,519円+送料139円。ほぼ半額。 もっと安い 1,423円+送料22円の奴もあるが、これは プラグの指定ができないので EU Plugで日本のAC100Vのコンセントには刺さらない 可能性がある。 届くまで1ヶ月近くかかると思うが どうせ、そんなに早く出来上がらないので問題ない。

防湿フィラメントボックスはEnder-3 V2のアルミフレーム の上に固定するので、アルミフレームのブラケット(垂直固定金具)も 欲しい、安い中華製だといくらくらいだろうとAmazonを調べると 20個セット、ナットとネジ付きで1,286円というのがある。 1セットあたり65円ぐらい。 安いので買おうと思ったが購入手続きの途中で 納入予定が1ヶ月先ということに気がつく。 中国発送品のようだ。 それならAliExpressから買う。探すと 958円+送料175円であまり安くならないが注文。

ちなみに正規品?だといくらぐらいだろうと ミスミで調べるとブラケットだけで 63円/個ぐらい... あまり高くなかった。 アルミフレーム関連は重量もあるし 中国から買ってもメリットは無いようだ。