h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

THE FORGOTTEN ARMY

アマゾン プライム ビデオ フォーガットン・アーミーという ドラマというかインド映画を見た。

内容は第2次世界大戦でシンガポール陥落後 インド人捕虜を中心に組織された INA(インド国民軍)の大尉の話。 インドの世界大戦感が知れるかもと 思って見始めたが戦闘シーンがひどい。 兵がやたら集中してるし、突っ立っている。 学芸会かと言いたくなる。

ストーリーも甘々なのだが、 短め(約40分✕5エピソード) で見やすかったので全部見てしまった。 見たあと Wikipediaで調べると なかなか興味深い。

INA(インド国民軍): 当初、モーハン・シン大尉に統括を委ねられていた。 .. ということは、 主人公がモンハン・シン大尉? その後、組織がでかくなり チャンドラ・ボーズが指揮することになったそうで、 ネタジ(指導者)と呼ばれていたのはボーズのことらしい。

INAは総兵力45,000人に達したがインパール作戦に参加したのは 6000人ほど。INAは第2次世界大戦終了後タイでイギリス軍に降伏。 降伏した元インド国民軍約20,000人を イギリスが反逆罪で裁こうとしたが、この裁判を機に インド独立の気運一気に高まり、インド独立へと繋がったらしい。

映画に占領後のシンガポールの鉄橋に、生首が大量に ぶら下げられているシーンがある。根も葉もない デタラメだろうと思ったが念の為調べたら 晒し首事件 (シンガポール)というのがあった。 インド人らしい名前の8人が軍用倉庫に盗みに入って捕えられ、軍事法廷によって斬首、晒し首の刑に処せられたらしい。