h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

足元ヒータコントローラ・ホルダ

寒くなったので 足元ヒータを購入した。 毎年なにかしら買っているような気がするが 安いので気にしない。 このヒータには、電源+温度調節のコントローラと 、それを使いやすい場所に保持するホルダーも付属するのだが、 このホルダーがパイプか何かに引っ掛けるような形状で、 ヒータ・コントローラ間のケーブル長も50cmぐらいと短いことも あり、私の環境では使えそうにない。

となると、コントローラは床に転がして使うしか無いが、 操作性が悪いので3Dプリンタで作ることにした。 固定は、余っているネオジム磁石をたくさん使って、 スチール机に着けることにする。

いつものFusion360で設計し、PLAでプリント。 温度の設定がよろしくないのか、サポート材の取り外しが面倒。 サポート無しで印刷できるようすべきだった。

ABSでなくPLAを使ったのは、寒くなって ABSのプリントの調子が良くないから。 やたらと反ってしまう。 ヒートベッドの故障を疑ったが、発熱はしている。 ネットで調べると、寒くなるとABSは反りやすいという 話があったので、納得した。 PLAを試すと問題なかったので、当面はPLAで行こうと思う。

プリントが完了し磁石を取り付けると強力にスチール机に 固定された。使用している磁石は 20x10x3mmの皿穴付き ネオジム磁石(国内製)を6個。 全部同じ極性なので、隣り合った磁石をネジ止めする時は、 反発力が結構あり若干苦労する。 値段は1個100円ちょっと。 AliExpressでも安く売っているが、中国製は若干脆い気がする。 何個か割れたことがある。 皿穴つきネオジム磁石は、磁石を皿ネジで簡単に固定できるので 大変便利なのだが、100円ショップで売っているネオジム磁石と 比べると割高感があるので、いつもは100円ショップの方を使っている。 しかし強力な磁力が欲しい時は、皿穴付きのほうが良いと再認識した。