h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

カメラ台

3Dプリンタでギアやリンクが作れることが わかったので、何か役に立つものを作りたいということで、 USBカメラの向きを変える台、というのを思いついた。

昔, Tilt Pan Kit というヤツで 遊んだこと がある。 ギアとか使えば、もっとしっかりしたものが 作れるのではなかろうか。

で、 Fusion360で設計を行うのだが、 現物無しで設計を続けるのが辛くなり、 とりあえず、形にしてプリントアウト したのが、写真のもの。 いろいろ問題はあるが、 現物があると、改善方法のイメージがしやすい。

現状の最大の問題点は、 組立性の悪さ。 組み立てるのが大変。 部品をバラした写真も欲しかったのだが、 組み立て直すのが面倒で諦めた。

現状ナットを多用しているが、 ABSに適当なサイズの穴を開ければ 代用できそうな気がする。

将来的には、Raspberry Pi Zero-WHあたりを 内蔵し、ネットワーク・カメラとしてまとめたい。 そのために、改良を続けるのも楽しそうだ。

見栄えの良い、カバーなども作りたい。

まずは、サーボを動かしたい。 やはりArduinoか。

作成途中で、 Fusion360のHoleコマンドで、 簡単に皿ネジの穴を作れることに気がついた。

六角穴付き皿ネジとかも欲しくなってきた。