h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

VS Codeでstm32のプログラミング

windows上のemacsでIMEを上手くコントロールできないため、 VisualStudio Code(以下VS Codeと記す)の環境整備を頑張った所、 かなり使えるようになってきた。 これで移行できるかもしれない。

Windows上の上のemacsといえば、 昔はmeadowとか使って不満は無かったのだが、 更新されなくなり、 gnupack の emacs だとIMEパッチが当たっていて 良いのだが、 makeコマンドが無い? 導入方法がわからないため、 導入が楽なcygwinのemasを使用し、 日本語はだましだまし使っていた。

今回、stm32のプログラムを開発するに当たって、 日本語のメモをたくさん書いていきたいと考えたため emacsに我慢できなくなり、vscodeの 環境構築にトライしてみた。 electronのプログラムで VS Codeに慣れてきたというのもある。

makeの実行

まず、vscodeからmakeコマンドの起動。 タスクの構成で、 tasks.jsonファイルを 以下のように設定することで何とかなった。

    // See https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=733558
    // for the documentation about the tasks.json format
    "version": "2.0.0",
    "tasks": [
        {
            "label": "make",
            "type": "shell",
            "command": "/c/MinGW/msys/1.0/bin/make.exe write ",
            "options": {
                "cwd": "${workspaceFolder}/src"
            },
            "group": {
                "kind": "build",
                "isDefault": true
            },
            "presentation": {
                "echo": true,
                "reveal": "always",
                "focus": false,
                "panel": "new",
                "showReuseMessage": true
            },
            "problemMatcher": {
                "owner": "gcc",
                "fileLocation": [
                    "relative",
                    "${workspaceRoot}/src"
                ],
                "pattern": {
                    "regexp": "^(.*):(\\d+):(\\d+):\\s+(.*):\\s+(.*)$",
                    "file": 1,
                    "line": 2,
                    "column": 3,
                    "endLine": 2,
                    "endColumn": 3,
                    "severity": 4,
                    "message": 5
                }
            }
        }
    ]
}

problemMatcherも定義しているので、 コンパイル時のエラーも「問題」パネルを 開けば、クリック一発で問題箇所を開くことができる。

emacsのnext-errorコマンドみたいに、 1コマンドで「問題」パネルを開き、最初の問題を選択してくれると 嬉しいのだが、そのようなコマンドを未だ発見できていない。

プログラムの自動フォーマット

keybinds.jsonで ctrl+I を押した時 editor.action.formatが呼び出され インデントの修正等、自動で行われるようにしているのだが、 Cのプログラムを編集しているときctrl+Iを押しても、 Cのフォーマッタが無いというようなエラーが表示されるだけで、 フォーマットされない。

そこで、 拡張機能 Microsoft C/C++ for VS Codeを導入。 無事、フォーマットされるようになった。

includePathの設定

しかし、使っていると includePathの設定がされていない、 というメッセージが出るようになる。 面倒で無視していたのだが、 C/C++拡張機能のお蔭で、高度な機能(intelliSenseとか 定義に移動とか)使えるようなので、 真面目に設定してみた所、 設定ファイルc_cpp_properties.jsonは 次のようになった。

{
    "configurations": [
        {
            "name": "Win32",
            "includePath": [
                "C:\\cygwin64\\usr\\include",
                "C:\\cygwin64\\usr\\include\\w32api",
                "C:\\gnu_tools_arm_embedded\\6-2017-q2-update\\arm-none-eabi\\include",
                "C:\\gnu_tools_arm_embedded\\6-2017-q2-update\\lib\\gcc\\arm-none-eabi\\6.3.1\\include",
                "${workspaceFolder}\\src"
            ],
            "defines": ["__CYGWIN__"],
            "intelliSenseMode": "clang-x64",
            "compilerPath": "/c/gnu_tools_arm_embedded/6-2017-q2-update/bin/arm-none-eabi-gcc.exe",
            "cStandard": "c11",
            "cppStandard": "c++17"
        }
    ],
    "version": 4
}

これで、だいたい、使えるようになったのだが、まだ問題がある。 なんか includePathに定義していないPath C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\includeが含まれているようなのである。 stdint.hで「定義へ移動」とすると、このフォルダーのstdint.hが 表示されてしまう。これはどうしたら良いのだろうか。